FC2ブログ

令和元年度全日本珠算選手権大会 大会成績公開 

令和元年度全日本珠算選手権大会
大会成績公開

 8月8日に開催された令和元年度全日本珠算選手権大会の成績を公開します。

>>>大会成績
※転載はご遠慮ください

IMG_2781_convert_20190808131230.jpg

※大会の模様は8月中に連盟HP及びYouTubeで公開を予定しています。
>>>昨年の模様はこちらから

※大会の写真は8月中に「検定・競技ニュース」で公開を予定しています


令和元年度全日本珠算選手権大会 午後の部  

令和元年度全日本珠算選手権大会
午後の部

 本日8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢676名が参加し「令和元年度全日本珠算選手権大会」が開催されました。
IMG_2781_convert_20190808131230.jpg

小学生そろばん日本一の表彰

 個人総合競技に参加した小学生の中で、最も高得点だった選手を表彰する「小学生そろばん日本一」。

 昨年は、不破花菜選手(岐阜県)がタイトルに輝きました。

 今年は1,465点という高得点を獲得した宜名眞幸大選手(沖縄県)が栄誉ある称号を手にしました。

IMG_2832_convert_20190808225224.jpg

読上算競技

 読み手が超高速で読み上げる問題をそろばんで計算する「読上算競技」。

 昨年は、あまたいる強豪の中、中学生の青野彩夏選手(神奈川県)が優勝しました。

 毎年優勝者がかわるこの種目において、今年は紙野大樹選手(広島県)が栄光を手繰り寄せました。


IMG_2841_convert_20190808225254.jpg
 
都道府県競技

 各都道府県から選出された3名の選手(小・中・高校一般から1名ずつ)で技を競い合う「都道府県対抗競技」。

 昨年は沖縄県・青森県・静岡県が決勝に進出し、沖縄県優勝を勝ち取りました。

 今年は昨年王者の沖縄県と大阪府・奈良県が決勝に進出。

 奈良県が底力を発揮し、優勝しました。

IMG_2869_convert_20190808225316.jpg

※本日の大会の模様は8月中に連盟HP及びYouTubeで公開を予定しています。
>>>昨年の模様はこちらから
※大会成績は8月9日に検定・競技ニュースで公開予定です。

令和元年度全日本珠算選手権大会 午前の部  

令和元年度全日本珠算選手権大会
午前の部

 本日8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢676名が参加し「令和元年度全日本珠算選手権大会」が開催されました。
IMG_2781_convert_20190808131230.jpg

フラッシュ暗算競技

 スクリーンに高速で次々と表示される数字を瞬時に計算していく「フラッシュ暗算競技」。

 昨年は、3桁15口1.9秒で11名の選手が決勝進出し、三重県の杵川日向雅選手が1.69秒で見事正答し、優勝を果たしました。

今年も昨年王者の杵川選手が1.65秒の好タイムで優勝。快挙を果たしました。

IMG_2748.jpg

個人総合競技・そろばん日本一決定戦

 そろばん日本一を決定する注目の個人総合競技。

 昨年は、18名の選手が1480点以上を獲得し、その中で6名の選手が同点決勝に進み、千葉県の竹澤祥加選手が平成最後のそろばん日本一の栄冠を手にしました。

 今年は8名が同点決勝に進出し、土屋宏明選手(宮城県)が接線のすえ、栄冠を手にしました。

IMG_2804_convert_20190808131303.jpg

読上暗算競技

 読み手が読み上げる問題を暗算で計算する読上暗競技。

 昨年は、竹澤祥加選手(千葉県)がこの種目において10回目となる優勝を果たし、珠の歴史にその名を刻みました。

 今年は久保新選手(道央)が見事、優勝を果たしました。

IMG_2823_convert_20190808131654.jpg

※午後からは小学生そろばん日本一表彰式、読上算競技、都道府県対抗競技が実施されます。

※本日の大会の模様は8月中に連盟HP及びYouTubeで公開を予定しています。
>>>昨年の模様はこちらから
※大会成績は8月9日に検定・競技ニュースで公開予定です。



アメリカンスクールそろばんコンテスト in Misawa(三沢) 

アメリカンスクールそろばんコンテスト
in Misawa(三沢)

 第29回青森県三沢地区アメリカンスクールそろばんコンテストが、5月22日、三沢市公会堂で開催されました。

  アメリカンスクールそろばんコンテスト・三沢・令和元年5月22日 003
  アメリカンスクールそろばんコンテスト・三沢・令和元年5月22日 004
  アメリカンスクールそろばんコンテスト・三沢・令和元年5月22日 011

 大会には米軍三沢基地内のソラーズ小学校とエドグレン中・高校から43名が参加、日頃の練習の成果を競い合いました。

 斎藤隆全珠連青森県支部長が挨拶の中で「今年は日本の元号が平成から令和に変わった最初のコンテスト。よい成績を収めて令和元年の賞状を獲得できるよう、がんばってください」と激励。

 米国国防省太平洋東部地区副教育長のヘレン・ベイリー氏が「日米親善のためご尽力いただいている全国珠算教育連盟及び関係者の皆様にお礼を申しあげます。そろばん学習は脳の活性化、数の概念を養うすばらしい日本の文化です。そろばんに触れる機会を与えていただき感謝します」と話されました。

 ソラーズ小学校教員の昆光枝氏が司会進行、スージー・バーディック氏が読上算を担当、競技は「英語読上算」「プリント計算」「フラッシュ暗算」の3種目で、読上算の入賞者はフラッシュ暗算に参加できないルールで行われました。

 今回は3年生以下の部の参加者が15名と昨年の倍以上となり、次回からの参加者の増加が期待できます。 

開幕迫る 令和初の大一番 令和元年度全日本珠算選手権大会 【今年は何桁で決まるのか?!・読上暗算競技】 

開幕迫る
令和初の大一番
令和元年度全日本珠算選手権大会

 夏真っ盛りの8月8日(そろばんの日)、日本全国からそろばんの精鋭が集結し、令和元年度全日本珠算選手権大会が開催されます。
 令和初となる今大会。選手たちの研ぎ澄まされた集中力と気迫に包まれる国立京都国際会館で、どんなドラマがみられるだろうか。


今年は何桁で決まるのか?!
読上暗算競技
 5~16桁・15口から始まる種目です。
 昨年は、2題目の加算を正答した竹澤祥加選手(千葉県)が通算10回目の優勝を果たしました。
 今年も16桁で決まるのか?
 入賞ラインはどの程度に?
※昨年の模様
IMG_2279_convert_20190709170018.jpg
IMG_2281_convert_20190709170045.jpg

※次回は「読上算競技」について紹介予定

今年も8月中に大会の模様が連盟HP及びYouTubeに公開されます!
昨年の模様




現在の閲覧者数: