FC2ブログ

アメリカンスクールそろばんコンテスト in Okinawa 沖縄県 

アメリカンスクールそろばんコンテスト
in Okinawa 沖縄県

 米軍基地内の小学校8校から157名が参加して「第19回DoDDSそろばんコンテスト」が3月21日(春分の日)、サザンビーチホテル&リゾート(糸満市)で開かれました。

1_convert_20180706091331.jpg
2_convert_20180706091348.jpg
5_convert_20180706091404.jpg
11_convert_20180706091512.jpg
15_convert_20180706091659.jpg
20_convert_20180706091720.jpg
23_convert_20180706091453.jpg
2018-03-21_104317_convert_20180706091532.jpg
2018-03-21_105655_convert_20180706091432.jpg

 子供たちは、学校の授業の中で、日本の伝統文化に触れる一環として珠算を体験しており、朝練、放課後の練習をして、コンテストに挑みました。

 このコンテストは例年、基地内での開催のため見学、取材等、上手く手配ができない状況でしたが、今回は海外からの24名の視察団、テレビ、新聞などの報道関係者を迎えることができました。

 コンテストでは、見取算、読上暗算、フラッシュ暗算の3種目を競い、参加者全員にトロフィーの授与と種目別競技の上位10人を表彰しました。

 会場では多くの保護者、報道のカメラが見守る中、子供たちは真剣な表情で問題にトライしていました。

 基地内で指導をしている田崎マリア教員は「コンテストを行うことで、そろばんも算数の成績もよくなった」と語りました。

 保護者からも「本国に帰っても習わせたい」、参加した子供たちも「そろばんは楽しい」「そろばんを続けたい」と笑顔で話していました。

 沖縄県支部も同コンテストが20回、30回継続できるように望み支援、努力を惜しみません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren2.blog121.fc2.com/tb.php/372-dce81ec9

現在の閲覧者数: