第62回全四国珠算選手権大会 

第62回全四国珠算選手権大会

 5月14日、第62回全四国珠算選手権大会が高知サンライズホテルにおいて開催されました。(担当:高知県支部)

IMG_5395.jpg
P1050595_convert_20170630091031.jpg
P1050594_convert_20170630091114.jpg

 来賓3名を迎え、58名(徳島県8名、香川県9名、愛媛県15名、高知県26名)が参加。

 選手を代表して高知県の中村友結選手(小6)が力強く宣誓し、高校生・一般16名、中学生23名、小学生19名が、日頃の練習の成果を競い合いました。

 団体支部対抗競技では、優勝・愛媛県、第2位・香川県、第3位・高知県となりました。

 個人総合競技では、向井豪選手(愛媛県)が3年連続チャンピオンとなり、種目別6競技の完全制覇とあわせて「そろばん四国一」の栄冠を手にしました。

 また、「小学生そろばん四国一」は岡本萌子選手(愛媛県)、特別競技の優勝者は、読上算・向井豪選手、読上暗算・井上遥斗選手(徳島県)、フラッシュ暗算・和田京子選手(徳島県)でした。

 運営にあたり、他三県の役員・事務局の皆様にもご教示をいただき、また最近では最多数の県内会員の参加協力を得て、高知県支部の結束も強まったように思います。最後に徳島県・福井支部長が、来年度の徳島大会への参加を呼びかけて閉幕しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zenshuren2.blog121.fc2.com/tb.php/311-1979e5d2

現在の閲覧者数: