FC2ブログ

第5回長野県珠算競技大会フレッシュカップ2019 

第5回長野県珠算競技大会フレッシュカップ2019

 平成が間もなく終わろうとしている4月21日、松本市勤労者福祉センターにおいて第5回長野県珠算競技大会フレッシュカップ2019が開催されました。

DSCN0918.jpg
DSCN0911.jpg
DSCN0904.jpg

 この大会は以前、秋に開催されていましたが春開催に変更され、新学期を迎えたばかりということから「フレッシュカップ」と名称を変
えて5回目の開催となりました。

 年長児から小学3年生まで50名の精鋭たちが総合競技、読上暗算、読上算競技を競いました。

 総合競技は小学1年生以下の部、小学2年生の部、小学3年生の部の3部門にわかれ、どの部門も熱い競技となりました。

 特に小学3年生の部では優勝者から3位までが10点(1問)ずつの僅差の勝負になりました。

 また読上暗算、読上算競技は学年関係なく行われ、優勝決定戦では3年生を抑え2年生が優勝するなど秋の通信競技大会にも劣らない手に汗握る白熱した競技となりました。

 総合優勝者に贈られるフレッシュ杯は、大内希選手(長野市立中条小学校3年)が受賞し、幕を閉じました。

第43回愛媛県選抜珠算選手権大会 

第43回愛媛県選抜珠算選手権大会

 小雨の降るまだ肌寒い3月15日、新居浜市の東予自動車会館で四国大会、全国大会の予選会となる大会を開催しました。

source_DSC06328_1_1.jpg

 小学生の部60名、一般の部39名の珠算、暗算ともに段位取得の精鋭が集まりました。

 お忙しい中、来賓に新居浜市教育長様、愛媛新聞社東予支社長様、本部参与・松本健之進先生にご臨席賜り、励ましのお言葉をいただきました。

 また、5年生以下に贈られる眞鍋賞を元経済産業省に勤務されていた眞鍋隆様より、表彰式で賞状とカップを授与していただきました。

 そろばん愛媛県一に松山東高校1年の向井豪君が、小学生愛媛県一には松山味生小学校6年の梅田拓德君が輝きました。

<大会結果>敬称略

一般の部優勝
 向井 豪 (松山東高校1年)
小学校の部優勝
 梅田 拓德(松山味生小学校6年)
眞鍋照一賞
 越智 咲蘭(今治富田小学校4年)
読上算優勝
 岡本 萌子(今治南中学校1年)
読上暗算優勝
 岡本 萌子
フラッシュ暗算優勝
 髙橋 愛未(今治西高校1年)

第39回東京都低学年珠算コンクール 

第39回東京都低学年珠算コンクール

 開花宣言間近の3月17日、法政大学市ケ谷キャンパスにおいて第39回東京都低学年珠算コンクールが開催されました。

3333333.jpg
2222222.jpg

 参加者総勢889名、その内訳は1年生以下の部255名、2年生の部320名、3年生の部314名でした。

 多人数のため、開会式からすべてが部門毎に3会場に分かれて行われました。

 総合競技、読上暗算、読上算、そして昼食後にはフラッシュ暗算、抽選会と進められました。

 この大会で、チビッコたちに喜ばれるのは総合競技の入賞者全員に名前入りの楯が賞として授与されることです。

 各会場で最後に行われるのは競技種目すべてが満点の選手に贈られる金メダル表彰。
 
 今年は1年生以下22名、2年生35名、3年生36名の金メダリストたち。

 喜びの記念撮影でコンクールは無事閉会しました。

平成最後の福岡県下珠算競技大会 

平成最後の福岡県下珠算競技大会

 寒さも少し緩んだ12月9日、第59回福岡県下珠算競技大会が、支部珠算会館にて、公益社団法人全国珠算教育連盟共催、福岡県・毎日新聞社・西日本新聞社の後援をいただき開催されました。

DSC04713_convert_20190306170222.jpg
DSC04714_convert_20190306170259.jpg
DSC04732_convert_20190306170326.jpg


 参加者は、小学校の部(4年生以上)102名・中学校の部33名・高校一般の部30名でした。

 今回の大会では、高校一般の部においては福岡大学・高等学校3団体・一般2団体の計6団体の参加チームがあって各部ともレベルアップとなり、個人総合競技満点者が、小学生16名・中学生7名・高校一般の部3名で同点決勝が行われ、各部門で熱い競技が繰り広げられ、成功裡に終了しました。

第18回毎日パソコン入力コンクール全国決勝大会 

第18回毎日パソコン入力コンクール
全国決勝大会


 12月9日、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、連盟共催の「第18回毎日パソコン入力コンクール」が開催されました。

A_20190301145000bea.jpg
B_convert_20190301145044.jpg

 「計算」の部は、満点4名のうち、タイム差で東京の畠山裕登選手(小4)が、「フラッシュ暗算」の部は、最後2名で白熱した中、愛媛の家安高志郎選手(中3)が3桁15口、2.05秒でともに1位となり、「文部科学大臣賞」が贈られました。 

現在の閲覧者数: