平成29年度全日本珠算選手権大会画像 無料配信 

平成29年度全日本珠算選手権大会画像
無料配信


 去る8月8日に国立京都国際会館で開催された平成29年度全日本珠算選手権大会の画像を無料配信します。

>>>無料ダウンロードはこちらから

IMG_0085_convert_20170920163226.jpg
IMG_0053_convert_20170920163158.jpg
IMG_1722_convert_20170920163254.jpg

>>>連盟HPに大会動画配信中

平成29年度全日本珠算選手権大会 午後の部 

平成29年度全日本珠算選手権大会 午後の部

 8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢638名が参加し「平成29全日本珠算選手権大会」が開催されました。
 午前の部に引き続き、午後の部は読上暗算競技、小学生そろばん日本一の表彰、読上算競技、都道府県対抗競技が行われました。
 

小学生そろばん日本一の表彰

 個人総合競技に参加した小学生の中で、最も高得点だった選手を表彰する「小学生そろばん日本一」。

 昨年は、小学校6年生の磯貝勇誠選手(京都府)が大会史上初となる2連覇を達成しました。

 今年は、辻窪凛音選手(埼玉県)が小学生で初めて満点を獲得し、3年ぶり2度目のタイトルを獲得しました。

IMG_1750_convert_20170808214500.jpg
 
読上暗算競技

 読み手が読み上げる問題を暗算で計算する「読上暗算競技」。
 
 昨年は並み居る強豪に打ち勝ち、高校生の森淑史選手(沖縄県)が見事優勝を果たしました。

 今年は竹澤祥加選手が最難関の1問目の問題に見事正答。この種目9回目の優勝を果たしました。

IMG_1769_convert_20170808215040.jpg
IMG_1773_convert_20170808215126.jpg

読上算競技

 読み手が超高速で読み上げる問題をそろばんで計算する「読上算競技」。

 毎年優勝者がかわるため、だれが優勝するのか全く予想ができないなか、昨年はなんと小学生の小川理緒選手(栃木県)が優勝しました。

 今年は正答者がでない状況が続き、選手にとっては苦しい競技となりましたが、そんな中、弥谷拓哉選手(東京都)が見事優勝を手繰り寄せました。

IMG_1780_convert_20170808214225.jpg
IMG_1783_convert_20170808214134.jpg

都道府県対抗競技

 各都道府県から選出された3名の選手(小・中・高校一般から1名ずつ)が技を競い合う「都道府県対抗競技」。

 昨年は沖縄県が接戦のすえ、2連覇を達成しました。

 今年は昨年王者の沖縄県・青森県・埼玉県が決勝に進出。

 結果、青森県が底力を発揮し、優勝しました。

IMG_1787_convert_20170808214735.jpg
IMG_1797_convert_20170808214958.jpg


 本日の大会の模様は8月下旬にYouTubeで公開を予定しています。

≫昨年のもようはコチラから

≫大会成績はコチラから

平成29年度全日本珠算選手権大会 午前の部 

平成29年度全日本珠算選手権大会 午前の部

 本日8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢638名が参加し「平成29年度全日本珠算選手権大会」が開催されています。
 午前中は開会式のあと、フラッシュ暗算競技と個人総合競技(そろばん日本一決定戦)が実施されました。
 

IMG_1706_convert_20170808133058.jpg

フラッシュ暗算競技

 スクリーンに次々と表示される数字を瞬時に計算していく「フラッシュ暗算競技」。 

 昨年は、高倉佑一朗選手(千葉県)が3桁15口1.71秒の難問に見事正答し、優勝を果たしました。

 今年は決勝に10名が進出し、その中で平成27年度大会の優勝者である浅野貴広選手(道央)が3桁15口1.75秒で正答し、再び栄光を手にしました。

IMG_0062_convert_20170808133018.jpg
IMG_1695_convert_20170808133040.jpg

個人総合競技・そろばん日本一決定戦

 そろばん日本一を決定する注目の個人総合競技。

 昨年は、土屋宏明選手が唯一人1,500点満点を獲得し、前人未到となる8度目のそろばん日本一という歴史的快挙を成し遂げました。

 今年は満点を史上最多の9名が獲得し、同点決勝が行われました。

 結果、土屋宏明選手が再びそろばん日本一に輝きました。

IMG_1728_convert_20170808133122.jpg

IMG_1735_convert_20170808133341.jpg


※午後からは小学生そろばん日本一表彰式、読上暗算競技、読上算競技、都道府県対抗競技が実施されます。


 本日の大会の模様は8月下旬にYouTubeで公開を予定しています。

≫昨年のもようはコチラから

≫大会成績はコチラから

<開催案内>平成29年度全日本珠算選手権大会 

<開催案内>
平成29年度全日本珠算選手権大会

 平成29年度全日本珠算選手権大会を今年も8月8日(そろばんの日)に、京都市「国立京都国際会館」において開催いたします。
 そろばん日本一を決定する珠算界最高峰のこの大会に、多数のご参加をお待ちしております。

A_201702231155421d2.jpg
※昨年の大会のもよう

<大会要項・参加申込書>
・大会要項

・参加申込書

<お問い合わせ>

 お問い合わせは最寄りの支部までお願いします。
・支部一覧

<過去の大会>
・平成28年度全日本珠算選手権大会
・平成27年度全日本珠算選手権大会


平成28年度全日本珠算選手権大会 各種目優勝者アンケート <都道府県対抗競技優勝・沖縄県チーム> 

平成28年度全日本珠算選手権大会
各種目優勝者アンケート

 平成28年度全日本珠算選手権大会の各種目優勝者の方々にご回答いただきましたアンケートをご紹介します。

都道府県対抗競技優勝
沖縄県チーム

IMG_1434.jpg

<仲村くりあ選手/小学生>
○都道府県対抗競技優勝の感想
 都道府県対抗競技に初出場ということで、自分が足をひっぱらないかとか、去年優勝したから今年も優勝しないとというプレッシャーがものすごくあったけど、他の2人にはげまされて決勝に挑むことができ、優勝することがきたのでとてもうれしかったです。


<島袋羽亜菜選手/中学生>
○都道府県対抗競技優勝の感想
 大会のときはとっても緊張したけど、3人のチームワークで2連覇できてとてもうれしいです。
 優勝できたのは3人のチームワークはもちろん、まわりの指導者、仲間、親などいろいろな人が応援してくれたからだと思います。
 その感謝を忘れずに練習にはげみたいです。

○3人の作戦はありましたか
 戦う相手にあわせてスピードを重視するのか、正確さを大事にするのかをみんなで相談して本番に臨みました。

○これからのそれぞれの目標は
 通信大会の中学生の部で個人・団体とも日本一と、全九州大会で個人・団体どちらも九州一をとることです。
 来年の全日本では、予選も本番でも満点を取ってそろばん日本一になることと、都道府県の中学生に選ばれて3連覇を達成できるように、これから1年がんばっていきます。

○そろばんを学習しているちびっこたちへ応援メッセージ
 目標に向かってあきらめずにがんばっていれば、いつか必ず目標を達成できるときがあります。
 今一緒にがんばっている仲間、ライバルがいることに感謝し、親や指導者の方々にも日々感謝を忘れずにそろばんをがんばってください。 



<知念優里奈選手/高校・一般>
○都道府県対抗競技優勝の感想
 去年、日本一をとったメンバーが2人もいるチームだったのでプレッシャーもありましたが、他県の選手や、沖縄県の選手団のみんな、そして先生方が応援してくれていたので、3人だけじゃなくてみんなでたたかっているという気持ちでがんばることができました。
 それに、結果もついてきてくれたので本当によかったです。

○3人の作戦はありましたか
 決勝までは確実に当たっていこうと話しあっていました。決勝には、奈良県の金本兄弟がいたので、スピードでは簡単に勝てないと思ったので、自分の持っている力を全て出し切ろうと話をしていました。

○これからのそれぞれの目標は
 全日本では来年こそ個人総合で満点をとって、都道府県対抗競技でも3連覇を目指してがんばりたいです。その他の大会でも自分が持てる力を全て発揮して、満足行く結果をだせるようにしたいです。

○そろばんを学習しているちびっこたちへ応援メッセージ
 自分の思うようにいかなかったしりして、もうそろばんをやめたいって思うことがあると思います。私も何度もありました。でも、自分の目標をしっかり持ってあきらめずにがんばっていたら絶対結果につながるので、あきらめないでがんばってください。


≫平成28年度全日本珠算選手権大会の模様はコチラから

現在の閲覧者数: