平成29年度広島県選抜珠算競技大会並びに全日本珠算選手権大会広島県選考会 

平成29年度広島県選抜珠算競技大会並びに全日本珠算選手権大会広島県選考会

 広島県選抜珠算競技大会並びに全日本珠算選手権大会広島県選考会が、4月9日、全珠連広島県珠算会館において、小学校4年生以下の部37名、小学校の部61名、中学校の部53名、選手権の部71名の参加により開催されました。

驕ク謚懷、ァ莨夐「ィ譎ッ_convert_20170630133841
驕ク謚懷、ァ莨夐哩莨壼シ上・讒伜ュ神convert_20170630133903
蜷・Κ髢€蝗」菴灘━蜍晁€・サ」陦ィ_convert_20170630133822
蜈ィ譌・譛ャ螟ァ莨壼コ・ウカ逵御サ」陦ィ驕ク謇祇convert_20170630133925

 この大会は、新学年になっての最初の大会でもあり、また全日本珠算選手権大会の県代表選考会も兼ねていて、緊張感の漂う中、熱い競技が繰り広げられました。

 選抜大会は小・中学生のレベルアップを目的とし、小学校4年生以下の部・小学校の部・中学校の部の各部門の団体個人、種目別競技の優勝者を決定します。 

 また、選考会は選手権の部参加者の中から小学校・中学校・高校・一般各1名の県代表選手が選出されます。

 中でも特に注目されたのは、選手権の部において小学校6年生の西山叶望選手が高校・一般の参加者のいる中、3番目の好成績を残したたことです。

 今年度の全日本珠算選手権大会広島県代表には次の選手が選ばれました。

全日本珠算選手権大会広島県代表(敬称略)

◇一般の部
渡邉 由夏(東芝コンシューママーケティング)
◇高校の部
松浦 真也(呉三津田高校1年)
◇中学校の部
紙野 大樹(亀山中学校2年)
◇小学校の部
西山 叶望(府中中央小学校6年)

平成29年度全日本珠算選手権大会 午後の部 

平成29年度全日本珠算選手権大会 午後の部

 8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢638名が参加し「平成29全日本珠算選手権大会」が開催されました。
 午前の部に引き続き、午後の部は読上暗算競技、小学生そろばん日本一の表彰、読上算競技、都道府県対抗競技が行われました。
 

小学生そろばん日本一の表彰

 個人総合競技に参加した小学生の中で、最も高得点だった選手を表彰する「小学生そろばん日本一」。

 昨年は、小学校6年生の磯貝勇誠選手(京都府)が大会史上初となる2連覇を達成しました。

 今年は、辻窪凛音選手(埼玉県)が小学生で初めて満点を獲得し、3年ぶり2度目のタイトルを獲得しました。

IMG_1750_convert_20170808214500.jpg
 
読上暗算競技

 読み手が読み上げる問題を暗算で計算する「読上暗算競技」。
 
 昨年は並み居る強豪に打ち勝ち、高校生の森淑史選手(沖縄県)が見事優勝を果たしました。

 今年は竹澤祥加選手が最難関の1問目の問題に見事正答。この種目9回目の優勝を果たしました。

IMG_1769_convert_20170808215040.jpg
IMG_1773_convert_20170808215126.jpg

読上算競技

 読み手が超高速で読み上げる問題をそろばんで計算する「読上算競技」。

 毎年優勝者がかわるため、だれが優勝するのか全く予想ができないなか、昨年はなんと小学生の小川理緒選手(栃木県)が優勝しました。

 今年は正答者がでない状況が続き、選手にとっては苦しい競技となりましたが、そんな中、弥谷拓哉選手(東京都)が見事優勝を手繰り寄せました。

IMG_1780_convert_20170808214225.jpg
IMG_1783_convert_20170808214134.jpg

都道府県対抗競技

 各都道府県から選出された3名の選手(小・中・高校一般から1名ずつ)が技を競い合う「都道府県対抗競技」。

 昨年は沖縄県が接戦のすえ、2連覇を達成しました。

 今年は昨年王者の沖縄県・青森県・埼玉県が決勝に進出。

 結果、青森県が底力を発揮し、優勝しました。

IMG_1787_convert_20170808214735.jpg
IMG_1797_convert_20170808214958.jpg


 本日の大会の模様は8月下旬にYouTubeで公開を予定しています。

≫昨年のもようはコチラから

≫大会成績はコチラから

平成29年度全日本珠算選手権大会 午前の部 

平成29年度全日本珠算選手権大会 午前の部

 本日8月8日(そろばんの日)、国立京都国際会館において全国から総勢638名が参加し「平成29年度全日本珠算選手権大会」が開催されています。
 午前中は開会式のあと、フラッシュ暗算競技と個人総合競技(そろばん日本一決定戦)が実施されました。
 

IMG_1706_convert_20170808133058.jpg

フラッシュ暗算競技

 スクリーンに次々と表示される数字を瞬時に計算していく「フラッシュ暗算競技」。 

 昨年は、高倉佑一朗選手(千葉県)が3桁15口1.71秒の難問に見事正答し、優勝を果たしました。

 今年は決勝に10名が進出し、その中で平成27年度大会の優勝者である浅野貴広選手(道央)が3桁15口1.75秒で正答し、再び栄光を手にしました。

IMG_0062_convert_20170808133018.jpg
IMG_1695_convert_20170808133040.jpg

個人総合競技・そろばん日本一決定戦

 そろばん日本一を決定する注目の個人総合競技。

 昨年は、土屋宏明選手が唯一人1,500点満点を獲得し、前人未到となる8度目のそろばん日本一という歴史的快挙を成し遂げました。

 今年は満点を史上最多の9名が獲得し、同点決勝が行われました。

 結果、土屋宏明選手が再びそろばん日本一に輝きました。

IMG_1728_convert_20170808133122.jpg

IMG_1735_convert_20170808133341.jpg


※午後からは小学生そろばん日本一表彰式、読上暗算競技、読上算競技、都道府県対抗競技が実施されます。


 本日の大会の模様は8月下旬にYouTubeで公開を予定しています。

≫昨年のもようはコチラから

≫大会成績はコチラから

第62回全四国珠算選手権大会 

第62回全四国珠算選手権大会

 5月14日、第62回全四国珠算選手権大会が高知サンライズホテルにおいて開催されました。(担当:高知県支部)

IMG_5395.jpg
P1050595_convert_20170630091031.jpg
P1050594_convert_20170630091114.jpg

 来賓3名を迎え、58名(徳島県8名、香川県9名、愛媛県15名、高知県26名)が参加。

 選手を代表して高知県の中村友結選手(小6)が力強く宣誓し、高校生・一般16名、中学生23名、小学生19名が、日頃の練習の成果を競い合いました。

 団体支部対抗競技では、優勝・愛媛県、第2位・香川県、第3位・高知県となりました。

 個人総合競技では、向井豪選手(愛媛県)が3年連続チャンピオンとなり、種目別6競技の完全制覇とあわせて「そろばん四国一」の栄冠を手にしました。

 また、「小学生そろばん四国一」は岡本萌子選手(愛媛県)、特別競技の優勝者は、読上算・向井豪選手、読上暗算・井上遥斗選手(徳島県)、フラッシュ暗算・和田京子選手(徳島県)でした。

 運営にあたり、他三県の役員・事務局の皆様にもご教示をいただき、また最近では最多数の県内会員の参加協力を得て、高知県支部の結束も強まったように思います。最後に徳島県・福井支部長が、来年度の徳島大会への参加を呼びかけて閉幕しました。

第14回アメリカンスクールそろばんコンテスト 於:長崎県 

第14回アメリカンスクールそろばんコンテスト 於:長崎県

 4月11日、米海軍佐世保基地内において第14回アメリカンスクールそろばんコンテストが佐世保市の西本眞也教育長や各スクールの校長先生も出席する中、盛大に開催されました。

2017 Soroban Contest (32)
2017 Soroban Contest (24)
2017 Soroban Contest (4)

 このコンテストは、英語読上算まで総合競技ということで各スクールの代表選手が熱い競技を繰り広げました。

 また、アトラクションとしてフラッシュ暗算が紹介され、参加者全員がホワイトボードに向かいマーカーを持って1桁から始まる暗算に元気よく挑戦しました。
 
 さらに3桁になると、模範演技に笑顔と大きな歓声があがりました。

 なお、当日のもようはNHKをはじめテレビ各局や各新聞社でも大きく報道されました。

主な成績(敬称略)

<3年生の部>
1位 アミケア・メルカド
2位 ジェイコブ・カッズ
3位 ジャレッド・ヘルナンデス

<4年生の部>
1位 モア・ベスト
2位 アレックス・キャリハン
3位 カリナ・フオスター

<5年生の部>
1位 ジェフリー・デイビス
2位 ノーラン・フイッツジェラルド
3位 トリスタン・ファバビアー

<6年生の部>
1位 ジョーダン・カホ
2位 ジア・ヨンドック
3位 キアン・メルカド

現在の閲覧者数: